スナックやパブに風俗営業許可は必要なのか?

東京都の風俗営業許可専門行政書士 増村です。

申請者様からのお問い合わせで多いのが、

「スナックだから風俗営業許可は必要ないよね?」というのがあります。

キャバクラやホスト・クラブだから風俗営業許可が必要でスナックだから風俗営業許可が不要というのは少し話が違います。

重要なのは、どんな営業スタイルのお店であるがという点です。

警察署も店舗の名称にこだわることなく、各店舗の営業スタイルを見て判断しているのが現実です。
※接待行為をしているのか、いないのか?

キャバクラやホスト・クラブが風俗営業許可が必要というのは至極当然のことです。

ではスナックはパブと呼ばれる店がどのような営業をしているかを考えてみます。

客席がカウンターだけで、ママさんがそのカウンター内に留まって客と少しの会話をする程度であれば風俗営業許可は不要と考えられます。

では、ここにカラオケを設置した場合はどうなるでしょう?

客が一人で、若しくは客同士がカラオケを歌うだけであれば問題ありません。

しかし、客からの要望で一緒にデュエットしたり、歌に合わせて手拍子をしていたら接待行為となり風俗営業許可が必要となります。

客席がカウンターに加えてテーブル席(ボックス席)を設けているスナックの場合ではどうでしょう?

ママさんや従業員が客席に座り、会話をする事もあるのではないでしょうか。

そうなると特定少数の客との談笑となり、これも接待行為となります。

スナックに来店する客は、ママさんや従業員と一緒に歌いたがるでしょうし、一緒に座って談笑をすることが目的であることが多いです。

それを全て断っていたら売上にも影響しますので、客の求めに応じてしまうのも当然です。

「スナックだから風俗営業許可は必要ない。」

「パブだから深夜酒類提供飲食店の届出だけで大丈夫」

このような安易な考えではなく、いまあなたのお店の営業スタイルを思い返してみて接待行為にあたると判断されるのであれば、いち早く営業スタイルを改めるか、風俗営業許可1号営業(キャバクラ許可)の取得をご検討ください。

電話お問い合わせ